旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

自動車の歴史-①「誕生編」

自動車の歴史-①「誕生編」
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

自動車の誕生

自動車が誕生したのは1769年。
日本はまだ江戸時代。
  
ヨーロッパでは馬車が人や荷物を運ぶ主な道具であった時代に、フランスで、ニコラ・ジョセフ・キュニョーにより、蒸気で走る自動車が発明された。
この初めての自動車 は、軍隊で使われる大砲運搬のために造られた重くて大きな車体で、スピードは10km/h以下だったといわれている。
  
このクルマは、走行実験中にハンドルを切り損ねて壁に激突してしまった。言わば、世界初の交通事故を起こした自動車でもある。

出典 http://gazoo.com

キュニョーの砲車 "模型" (1769年・フランス)

初の電気自動車

電気自動車の歴史も、ガソリンエンジン車より古い。
電池は1777年、モーターは1823年に発明されており、1873年にイギリスで電気式四輪トラックが実用化されている。
  
史上初の時速100㎞超えを達成したのは、なんと電気自動車だった。
1899年にジャメ・コンタント号が105.9㎞/hを達成している。

出典 http://gazoo.com

ジャメ・コンタント号

100年前の電気自動車に乗ってみた

ガソリン自動車より電気自動車のほうが
古いとは驚きですね。
  
しかも、まだ動くとは
ビックリです。
  
今では、電気自動車の方が
新しい未来の車
これからいろいろ開発されていく
というイメージでしたから・・・
  

ガソリン自動車の誕生

内燃機関(エンジン)を搭載した自動車の始まりは、1870年オーストリアの発明家「ジークフリート・サミュエル・マルクス」が、荷車にガソリンを燃料にし走行する自動車を発明。
1876年にはドイツの発明家「ニコラウス・オットー」がガソリンエンジンを造ると(現在でも言われる「オットーサイクルエンジン」の由来)同じくドイツの技術者「ゴットリープ・ダイムラー」がこれを改良し、1890年に「ダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフト社」(DMG)をダイムラーのパートナーである「ウィルヘルム・マイバッハ」と共に設立し1892年に自動車販売を開始しました。
   
ドイツでは同時期(1885年)に技術者の「カール・ベンツ」もガソリンを動力とした3輪自動車を発明していました。
DMG社はやがてカール・ベンツが設立した「ベンツ社」と合併することになり、1926年に「ダイムラー・ベンツ社」が誕生しました。
   
これらのことから、ガソリン自動車を初めて発明したのは「ダイムラーとベンツ」と言われています。

出典 http://www.a-nob.com

ゴットリーブ・ダイムラーとカール・ベンツ

「ベンツ パテント モトールヴァーゲン」

この車も動くんですね。
維持が大変ですよね。
素晴らしい技術だと思います。
  
今回は、自動車の歴史の第一回目として
「誕生編」(1769~1900年)を紹介しました。
シリーズ化していきますので、
次回もお楽しみに!

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!